〒458-0815 愛知県名古屋市緑区徳重1-210

地下鉄桜通線「徳重」駅 2番出口徒歩4分

052-879-5445

託児所完備(要予約)20時まで診療

愛知県名古屋市緑区の歯科「カワグチ歯科クリニック」です。無料託児サービス有。名古屋市の協力歯科医療機関で歯周疾患検診、妊産婦歯科審査なども行っております。

インプラント

3種類のパズルが楽しめるよ♪パズルで遊ぼう

※PCからのみ遊べます

求人案内

インプラント治療とは・・・

インプラント治療とは、歯の抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工の歯をその上に取り付ける治療法です。埋め込まれたインプラントは、骨と結合してしっかりと固定されます。その上に取り付ける人工の歯も患者様に合わせて一本ずつ作るので、噛みごこちも外観も天然の歯とほとんど変わりません。

インプラント治療の種類

前歯を一本失った場合

  • 従来の治療法(ブリッジ)

    両側の健康な歯を削る必要があります。

  • インプラント治療

    健康な歯を削ることなく、天然の歯と区別がつかない歯並びを再現できます。

奥歯を失った場合

  • 従来の治療法(部分入れ歯)

    金属の止め具などに違和感を感じ、見た目も良くありません。

    かたいものが安心して食べられません。

  • インプラント治療

    止め具などを使わないため、口の中に違和感を感じません。しっかり固定されているので、硬いものを食べても安心です。

全ての歯を失った場合

  • 従来の治療法(総入れ歯)

    ガタつきがあると安心して食事ができません。

    入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛くなることがあります。

  • インプラント治療

    自分の歯のようなしっかりした噛みごこちで、安心して食事ができます。入れ歯のように外れる心配もありません。

総入れ歯が安定しない場合

  • 従来の治療法
    (入れ歯安定剤・入れ歯の作り直し)

    入れ歯安定剤では、人前で外れるなどの不安があります。

    ※総入れ歯の場合、あごの骨がやせて入れ歯が合わなくなることがあります。

  • インプラント治療

    入れ歯の支えにインプラントを使うことで、入れ歯が外れたりガタつくことがなくなり、口元に安心感が持てます。

1回目の手術

  • 歯ぐきを開き、顎の骨に、インプラントと同じ大きさの穴を形成します。

    しっかり固定するようにインプラントを入れ、歯ぐきを閉じます。

  • 1日
  •  
  • 治癒期間
    インプラントに力をかけずに、治癒を待ちます。
    数ヶ月で骨とインプラントがしっかりと結合します。
  • 3ヶ月~6ヶ月

2回目の手術

  • インプラントが骨と結合したら、人工歯を取り付けるための部品を連結し、歯ぐきから露出させます。

  • 1日
  •  
  • 治癒期間
    歯ぐきの形が整うまで待ちます。
  • 2~3週間

仮の歯の取り付け

  • お口の中の型をとり、あなたに合った仮の歯を製作します。仮の歯で噛みあわせを調整します。

  • 1日
  •  
  • 製作期間
    歯ぐきの治癒を待ちます。
    時間をかけて、きれいな人工歯を製作します。
  • 1~2週間

完成

  • 天然の歯と見分けのつかない人工歯をインプラントに装着し、お手入れの仕方などを練習します。

  • 1日

インプラントのメリット

歯の働きがよみがえる

自分の歯と変わらない感じでしっかり噛め、何でも美味しく食べられる。

見た目が自然で美しい

患者様に合わせて一本づつ作るので、色も形も自分の歯と見分けがつかない。

自信や積極性が回復

英会話教室に通いたかった、外食や旅行も心配なくなった、ちょっと若返った気分。

自分の歯の保護

他の歯に金具をつけたり、他の歯を削らなくてもいい。

お手入れが簡単

外して洗う手間はなし、自分の歯と同じように歯磨きすれば大丈夫。

インプラントのデメリット

治療費の問題

現時点では、インプラントはいかなるケースでも健康保険は適用されません。自由診療となるので、保険適用の治療に比べて治療費が高くなってしまいます。しかし、インプラントは欠損部分だけの治療となるので、ブリッジや入れ歯のように隣の歯がダメになった時に全体を作り直す必要はありません。

治療期間が長い

顎の骨に埋め込んだインプラントが周囲の骨と結合するのに個人差はありますが、上顎で約6ヶ月、下顎で約4ヶ月かかります。骨とインプラントが結合した後、頭だしの手術を行ない治療を待つのに4週間。その後、上に歯をいれるための期間が約2週間かかります。しかし、治療期間中は仮歯を使うことが出来るので、歯がない状態を強いられることはありません。

年齢制限やその他の制約

骨の成長がほぼ終了する最低16歳以上でなければインプラント治療をうけることはできません。また、インプラント治療は、あごの骨の中に人工歯根を埋め込むものです。このためあごの骨の状態によっては治療ができない場合もあります。レントゲン検査などによって総合的に判断し、医学的・解剖学的に条件が満たされていなければなりません。

永久のものとは限りません

インプラント自体はチタン製なので半永久的に機能します。ただし、お口のお手入れの仕方で、歯槽膿漏のような状態になる可能性があります。反対に、日ごろの清掃に心がけ、歯科医師や衛生士からお口のお手入れ方法の指導をうける定期健診を受けていただくことが大切なのです。

インプラントQ&A

インプラントをすると、どの程度噛めるようになりますか?
入れ歯が粘膜に支えられているのに対して、インプラントはあごの骨に支えられていまます。このため入れ歯につきものの大きなプラスチックの違和感や、ズレて食べ物が内側にはいって痛くなるようなことが起こらず、安心して食事ができます。見た目も美しくなります。
インプラントの素材は身体に安全なのですか?
インプラントの材質は人間の身体に安全なチタン製です。チタンは、インプラントの他にも人工関節や人工心肺等にも使われています。
インプラント手術は痛くありませんか?
麻酔をしてから手術を行いますので基本的に手術中の痛みはありません。ただし、術後に麻酔が切れてからは傷口の痛みが全くないわけではありません。腫れが出ることもありますが通常はすぐに治まります。
インプラント手術後、気をつける点はありますか?
手術直後は過激な運動や入浴は避けて下さい。この他、歯医者さんや歯科衛生士さんの指示をよく守り、定期的な診察を受けることが大切です。
インプラント手術は入院する必要がありますか?
インプラントを埋め込む手術には麻酔を使いますが、口の中だけの局所麻酔をするので、入院の必要はありませんし、手術当日に帰宅できます。

CT撮影装置

当院ではCT撮影装置を導入し安全なインプラント治療に努めています。

  • CT撮影で詳細観察

  •  
  • 低被ばくCT撮影で手術の確認

  • 専用ソフトで確実なプランニング

  • プランニングをもとに安全な埋入手術

  •  
ページトップへ